人気ブログランキング |

コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「なんという寛容な肉」 黒沢美香&ダンサーズ

■2007年7月20日 (金) ~29日 (日)

こまばアゴラ劇場 〒153-0041目黒区駒場1-11-13 TEL: 03-3467-2743
(京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩3分)
※駐車場がございませんので、お越しの際には公共の交通機関をご利用ください。

20年以上前から独りでも大勢でも<ダンサーズ>という名前でやってきた。ダンサーズは誰、と「人」を指すだけでなく「ダンスする身体」を指した。立ち上げから20年以上経過して会えなくなった人、いつでも会える人、突然にもゆっくりにも稽古場の景色は変動する。ダンサーズはこの数年間「ダンス☆ショー」中心に団体踊りをしている。ずっしりした肉が大勢でどすどす踊るので稽古場の床が抜ける寸前で修繕した。踊りは揃わずバラバラだ。不揃いのまま和音になる術は作ったものではなく何度も稽古を重ねるうちに毛穴から相手が染み込んで各自の身体が見つけた嬉々の不協和音だ。いつもの団体踊りをラストプラグラムに置いてこのアゴラの10日間ではどぎまぎしながら個の背景を差し出す。私たちは失態しては人らしく心細くなるのだが踊れば肥えて四肢があかるい牛のよう。 ─黒沢美香─

■公演の詳細は黒沢美香webサイト
by waits-00 | 2007-07-29 01:51 | コンテンポラリーダンス公演

11月にはカメラマン??

ずっと楽しみにしている黒沢美香さんの公演がいよいよ来週から始まる。
黒沢美香&大阪ダンサーズの公演で衝撃を受け、今回の東京での公演をすべて観る予定。
なので7月20~29日まで東京での生活。

4月 カメラマンになってやる~宣言
6月 東京に進出するのだ宣言
9月 東京生活開始???

なんともお気楽な性格だと自分でもつくづく思う。
どうもじっくりと考える事が苦手で、行動が先になっているもよう。
いい事なのか?悪い事なのか?どうなんでしょう?
正直考えてもわからない事ばっかで、行動あるのみ状態。
進め!進め!障害物に当たるまで進め!
そして当たってから考えればいいさ。作戦としたらメチャメチャ。

京都から東京へ移る事はとても面倒なようでとても簡単。
東京ではゼロからのスタート、無駄なお金は使いたくない。
ということでルームシェア生活からスタート予定。
問題は今生活しているすべての荷物。ただそれだけ。どうする?

今はまだ、進め!進め!と何にも障害に出会っていない。
東京生活で必ず当たることはすでに承知。
障害は大歓迎、たくさん当たりたい、しかしあまりにもデカすぎる障害はご勘弁を

とりあえず生活する為の「収入確保」が何よりも先決。
次なる計画は、引越し後、2ヶ月で収入の確保!!
もうメチャメチャ営業活動してやる~!!と生きるためにがんばる予定。

目標設定:11月にはカメラマンで生活レベルまで。絶対実行!!
by waits-00 | 2007-07-14 03:10 | コンテンポラリーダンス

コンテンポラリー・ダンスを観てみませんか?「 Dance Circus 39 」

d0010052_1317946.jpg

d0010052_13174835.jpg

d0010052_1328496.jpg

d0010052_13184869.jpg
d0010052_13191566.jpg
2007.7.5ゲネ撮影



d0010052_5423369.jpg

d0010052_5432789.jpg

d0010052_544037.jpg

d0010052_5443518.jpg

d0010052_613269.jpg

2007.7.4ゲネ撮影



d0010052_0451937.jpg
d0010052_0455562.jpg
d0010052_0462876.jpg
d0010052_0465658.jpg
d0010052_0473463.jpg
d0010052_048361.jpg

2007.7.3ゲネ撮影

2007.7.3(tue) - 5(thu) 18:00 / 20:00 start

□開場は開演の30分前です

出演
3日=ヴァンカラバッカ 、加藤至 、原和代 、山口佳子 、FUPRO-ject
4日=新宅一平 、山上恵理 、Bee elephant 、Essential SDC 、f/p
5日=鈴木知子 、瀧瀬麻衣 、双子の未亡人 、松本芽紅見 、村上和司


 チケット
前売  1500円
当日  1800円
2日通し券  2800円
3日通し券  3900円

□dB会員は各200円引き



 ご予約・お問い合せ
NPO法人 DANCE BOX 
TEL 06-6646-1120 
E-mail dancebox@rock.sannet.ne.jp
by waits-00 | 2007-07-05 23:32 | コンテンポラリーダンス公演

ヴェネチア・ビエンナーレのダンス部門の金獅子賞が気になる

情熱大陸で森山開次さんを知った人が気になる事は...
「ヴェネチア・ビエンナーレのダンス部門の金獅子賞」の結果ですよね。
検索で多くの方がこのブログに来られているようなので、情報を書いたほうがいいのかと。
結果は森山開次さんのHPのスタッフ日記で書かれています。
どうぞチェックしてみてください。



――森山さんにとっては、コンテンポラリー・ダンスというものをどう捉えていますか。

森山 よく生徒さんからも<コンテンポラリーダンサーってなんですか?>って聞かれるんですが、ぼくもわからないって答えちゃうんです。ぼくなりの解釈としては、<今やれること・表現したいことを自分なりにできればいい>としか言えませんが、自分が何かを模索して、つくろうとしている姿勢があれば、それはコンテンポラリーと呼ばれるものになるかも知れない。ぼくの中では、テレビでダンスを見せるということは、ある意味、コンテンポラリーだと思うんです。今の日本社会は、メディアの空間じゃないですか。だから劇場には興味のある人は行くけど、一般の人が足を踏み入れることはない。勿論、生の迫力が一番だと思うし、多くの人が劇場に足を運ぶような文化になって欲しいと思っています。そのためにも、メディアにぶつかってチャレンジしていかないと!と考えたんです。昔はぼくもすごくテレビの世界に抵抗があったけど、もうテレビから逃げるのをやめようと思った。ひとつの表現として、もっとダンスをよく見せられるような使い方をしたら良いし、それがきっかけとなって舞台へと足を運んでくれるような流れができたら一番良いと思います。<森山開次突っ走ります!どうなるかわからないけど、取りあえず、付いてこい!!>ってね(笑)。

【フジテレビホームページより抜粋】
森山開次さんインタビューのすべてはフジテレビホームページ

森山開次さん思いのようなものを感じましたので、
インタビュー記事をフジテレビホームページより抜粋し、掲載させてもらいました。
by waits-00 | 2007-07-02 11:51 | コンテンポラリーダンス