人気ブログランキング |

コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

ガラス工芸藤田喬平・究極の飾筥


藤田喬平さんのガラス作品、飾筥(かざりばこ)シリーズを取り上げる。

金や紅白などを用い、蒔絵(まきえ)のような絵柄で日本の伝統を表現したガラスの箱の数々。薄いブルーのガラスと銀箔(ぎんぱく)で作られた「菖蒲」は、尾形光琳がびょうぶにしたカキツバタをイメージしている。藤田さんはガラスで昭和の時代に琳派を受け継ごうとしていた。「紅白梅」は赤と白の色ガラスを絵の具のように操り、豪華な梅を表現。

下地の黒い色ガラスは透明度を落とす試みをしている。「竹取物語」は、すがすがしい青竹の中から黄金の光がのぞく。藤田さんは箱に何を入れるのかと聞かれ、夢を入れると答えていた。ドリームボックスと世界で呼ばれる飾筥の中に、藤田さんが込めた夢に迫る。

6月13日(土) 22:00~22:30 テレビ東京
by waits-00 | 2009-06-13 22:10 | テレビ