コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

平山素子 「Life Casting  -形取られる生命-」

6月1日に東京へ行くということで、何かダンスの公演はないかとインターネットで調べてみた。
すると新国立劇場でコンテンポラリーダンスの公演を発見!
問い合わせてみると、A席=5,250円なら少々席はあるとの事。た、た、高い。
自分で観たいと思う公演なら5,250円も高いと思わないけど、知らないで観るには考えてしまう値段。
Z席なら1,500円、2階席で少々見えにくい場所との事。これに決まり!
とはいえ当日10名のみ先着順。AM10:00発売開始なので9:30頃に行けばいいかなと思っていた。

当日高速バスで新宿に着いたのがAM7;00頃。
マクドナルドでパイを食べ、コーヒーを飲み、本を読むけど時間は進まず。
仕方ないので新国立劇場の場所を確認しに向かう。

AM8:00過ぎに新国立劇場に到着。いくらなんでも早すぎる。
中に入り、フラフラと歩いていると2名座り込んでいる。
え~っと思い自分もその横へ座る。
その後続々とその横へ座る人々が...。

チケット販売時間まで1時間半は待った。
おかげで隣の女の子ともいろいろ話せ仲良くなれた。
小さい頃からダンスを習い、今でも踊っているという女の子。
学生さんでお母さんと一緒だった。
女の子はハシカの検診を理由に学校をサボり今回チケットをとりに。
おかあさんはダンスの先生の分のチケットをとるために。
なんとも素敵な親子でした。

AM10:00 自分も女の子の親子もチケットを無事ゲット!
その後、梅佳代、内藤忠行、ブレッソンの写真展をまわり宿にチェックイン。


PM7:00 公演開始 平山素子 「Life Casting  -形取られる生命-」


公演後、「東京に来よう」と決意した。


平山さんのダンスは凄すぎた。
演出、照明など公演のすべてが創りあげられていた。
A席=5,250円納得。
次の日に横浜のカメラ撮影がなかったら、絶対もう一度A席で観たと思う。
本当にすばらしかった。


公演後、ゲネ撮影には5,6人のカメラマンが入ると教えていただいた。
もちろん自分のようなものが撮らせてもらえるとは思っていない。
でも撮れるようになりたいし、撮りたい!


今思うといろいろな偶然が重なり、この公演を観る事が出来た。
偶然に感謝。


d0010052_0464315.jpg


写真:まなまな(dance)
[PR]
by waits-00 | 2007-06-05 02:49 | コンテンポラリーダンス