コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

ヨーン・ガブリエル・ボルクマン

d0010052_894342.jpg


1909年11月、小山内薫と二世左団次は日本ではじめて西洋近代劇を翻訳上演した。イプセン晩年の『ジョン・ガブリエル・ボルクマン』であった。この舞台は新劇の歴史の幕開けを告げたものとされている。2009年11月、百年後の『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』の舞台は、現代金融資本の驕りと没落を予言した悲喜劇として、イプセンの新たなる劇的力を鮮明にするだろう。現代演劇としての新劇伝統の再生を試みる。

原作H.イプセン
台本・演出毛利三彌
出演池田 勝、井口恭子、新井 純、本田次布、斎藤深雪
大庭 藍、松崎賢吾、小川恵子

俳優座劇場
11月25日(水)~29日(日)
チケット料金一般5000円 当日5500円
学生2000円(名取事務所のみ扱い)

お問合せ名取事務所 03-3428-8355
公式HP
[PR]
by waits-00 | 2009-11-25 08:11 | その他の公演