コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

タグ:澤田有紀 ( 9 ) タグの人気記事

コンテンポラリーダンスワークショップ!

自分のカラダにじっくり向き合ってみたい人集まれ!                        


◎カラダを繊細に使う為に
◎12月10日(木)←今年最後のクラスとなります!!
◎19時30分~21時15分
◎高円寺にて
◎1回、1200円
  ・汚れてもよい靴下をお持ちください。



クラスはワークショップ形式ですが、継続して受講されることをお勧めします。
もちろん単発での受講も可能です。
クラスは少人数制のために予約が必要となります。

お問い合わせ・予約はこちらまで。
guellguell2@gmail.com (澤田)



澤田有紀

1977年、香川県生まれ。
9歳よりバレエを習い、1992年より入団した島田バレエ団にて『白鳥の湖』『くるみ割り人形』などをはじめ、数々の舞台に出演。19歳で退団の後、1998年に上京。安藤洋子に出会い、コンテンポラリーダンスを学び始める。1999年より木佐貫邦子に師事、以降「木佐貫邦子+neo」として木佐貫邦子作品に出演を重ねる。また2000年より、自作自演のソロダンス作品( 『右耳から聞こえる音 左耳から聞こえる音』『ラジZ』『キン魚。』『冬の山』『KW』『テンペル』『グラウンド』)などを創作・発表。

2006年よりグループ作品の発表にも取り組み、翌年ダンスグループ「Guell」を設立、自主公演を行う。
2008年ラボ20♯20にて「ラボアワード」を受賞。
2009年ダンスがみたい! 新人シリーズ7にて「オーディエンス賞」を受賞。 8月、踊りに行くぜ!アジアツアーに参加(タイ・ベトナム・マレーシア)
[PR]
by waits-00 | 2009-12-05 20:35 | コンテンポラリーダンス

「ダンスがみたい!11」


d0010052_134371.jpg




新人シリーズ7「オーディエンス賞」 Guell 『続きの「図」』


☆7月23日(木)19:30開演

☆会場/神楽坂die pratze

☆チケット/2500円

☆振付・演出/澤田有紀

☆出演/宇佐美和奈、とまるながこ、アダチミサト、石川健次郎、澤田有紀、

☆演出補佐/石川健次郎



92年より入団した島田バレエ団にて『白鳥の湖』などをはじめ、数々の舞台に出演。19歳で退団の後、'98年に上京。安藤洋子に出会い、コンテンポラリーダンスを学び始める。

'99年より木佐貫邦子に師事、以降「木佐貫邦子+neo」として木佐貫邦子作品に出演を重ねる。また'00年より、自作自演のソロダンス(『冬の山』『KW』『テンペル』『グラウンド』)などを発表。'07年ダンスグループ「Guell」を設立、自主公演を行う。'08年ラボ20♯20にて「ラボアワード」を受賞。
[PR]
by waits-00 | 2009-07-20 01:34

間島秀徳×澤田有紀

間島秀徳 展

2009年3月25日(水)~4月5日(日)
11:00~18:00 (最終日は 17:00まで) / 会期中無休
(一階・地下一階・中地下ギャラリーにて)



パフォーマンス:澤田有紀「冬の山+」 (公演時間約40分)

第1回公演 3月29日(日) 13:30受付開始 14:00開演
第2回公演 3月29日(日) 16:30受付開始 17:00開演


間島秀徳の《kinesis No.316 hydrometeor》は自立する六角体であるため、身体の介在が可能である。澤田有紀は自らが振付けた《冬の山》をここに混合させる。完成された作品群が衝突/解体/昇華する地平に、私達は自然に対する畏怖/超克/融和/それ以外の何かを見るのか。

宮田 徹也(日本近代美術思想史研究)




澤田有紀(振付家・ダンサー)
1977年、香川県生まれ。
9歳よりバレエを習い、1992年より入団した島田バレエ団にて『白鳥の湖』など数々の舞台に出演。19歳で退団の後、1998年に上京。安藤洋子に出会い、コンテンポラリーダンスを学び始める。1999年より木佐貫邦子に師事、以降「木佐貫邦子+neo」として木佐貫邦子作品に出演を重ねる。また2000年より、自作自演のソロダンス作品( 『冬の山』『KW』『グラウンド』など)を創作・発表。2006年よりグループ作品の発表にも取り組み、翌年ダンスグループ「Guell」を設立、自主公演を行う。
2008年ラボ20♯20にて「ラボアワード」を受賞。
2009年ダンスがみたい! 新人シリーズ7にて「オーディエンス賞」を受賞。




場所:新生堂
東京メトロ「表参道」駅(銀座線・半蔵門線・千代田線) B1出口から徒歩7分
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4番30号
TEL : 03-3498-8383/FAX : 03-3499-9960
営業時間 11:00-18:00
日・祝祭日休廊 (展覧会期中は無休)


d0010052_20183763.jpg

[PR]
by waits-00 | 2009-03-25 19:57 | コンテンポラリーダンス公演

Guell 「UNDERBLACK」

こりゃ凄い!凄すぎる。

今年一発目の公演にGuell「UNDERBLACK」拍手ものです。

やっぱ澤田有紀はすごい。
きっと今年はオモテに名前が出てくるのでは?
出てこないとおかしい!

「澤田有紀」「Guell」 は見逃さない方がいいですよ。
自信を持ってオススメします!!


d0010052_0233840.jpg

ダンサー:澤田有紀 2008.09.26撮影
[PR]
by waits-00 | 2009-01-09 00:25 | コンテンポラリーダンス公演

ラボ20 #20 Restart ラボ・アワード発表!!

ラボ・アワード受賞者

まくらとジョーロ『背中ロール』

澤田有紀『KW』

関かおり『ゆきちゃん』

(上演順)


Bプロの中では、「いいなぁ」と思った方たちが受賞。

個人的には、澤田さん&まくらとジョーロが好きでした。

Aプロは観ていないので...スミマセン。




d0010052_2115829.jpg


ダンサー:澤田有紀 稽古写真
[PR]
by waits-00 | 2008-12-11 21:01 | コンテンポラリーダンス公演

ST Spot ラボ20 #20 Restart

2008年11月21日(金)~23日(日)


Dancer/Danger

危ういのが好き、縁にキワドくさらされたカラダが好き。

脆さとメタモルフォーズの、ふるえる境界で闘っているヒトが好き。

そして他へと接続する野蛮で繊細な意志の、断面が好き。

抵抗と惑乱。奇妙な、滑稽で悲惨なエレガンス。

とは言いつつ、あらゆる先入見を捨てて<生成する無垢の出来事>に

立ち会いたいと思います。ワンダー、それが(ダンスの)幸運です。

室伏鴻



キュレーター 室伏鴻(KO MUROBUSHI)

サポート・コレオグラファー 鈴木ユキオ(YUKIO SUZUKI)



出演

Aプログラム

 青山るりこ(RURIKO AOYAMA)

 川上暁子(AKIKO KAWAKAMI)

 清家悠圭(YUKA SEIKE)

 林直美(NAOMI HAYASHI)

 ヤスキチ(YASUKICHI)

 山﨑麻衣子(MAIKO YAMASAKI)



Bプログラム

 小池陽子(YOKO KOIKE)+岡田理恵子(RIEKO OKADA)

 澤田有紀(YUKI SAWADA)

 関かおり(KAORI SEKI)

 藤巻有貴(YUKI FUJIMAKI)

 まくらとジョーロ(MA TO JYO)


◎チケット料金(全席自由)

  1プログラム:前売2200円/当日2500円

 一日通し券:前売3200円/当日3500円/学生前売(通し券のみ)2800円



◎チケット取り扱い

 WEB予約:STスポットWEB>予約フォーム

 電話予約:045-325-0411(STスポット)



◎お問い合わせ

 STスポット http://stspot.jp

 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 B1

 TEL 045-325-0411 MAIL Lab20@stspot.jp
[PR]
by waits-00 | 2008-11-21 01:41 | コンテンポラリーダンス公演

澤田有紀 『グラウンド』 場当たり 2008.9.26 

d0010052_21574672.jpg



d0010052_21575725.jpg



d0010052_2158119.jpg



d0010052_21582164.jpg



d0010052_21583481.jpg



d0010052_21584395.jpg

[PR]
by waits-00 | 2008-10-22 21:59 | 写真

ダンスシード2007 12/1

またまたまた、ブリック・ワンへ
1日に2回行ったわけじゃないです。説明しなくてもいい?

出演のダンサーは

澤田有紀 Yuki Sawada
相澤哲 Satoshi Aizawa
羽山義彦 Yoshihiko Hayama


好きだったのは、澤田有紀さん。
澤田さんのダンスはキレイ過ぎず、壊れ過ぎずとその間を独特の動きで踊られているのが印象的。
見せ方が上手いなぁ。
音の使い方、光の使い方も好きだった。

公演後、澤田さんとちょっとお話。
ダンスの公演に行き、「元気をもらおうと思ったら、吸い取られる事ありますよね」
澤田さんのその言葉が笑えた。はい、あります^^
ダンサーの皆さん、頼むから元気や刺激をください。
頼むから吸い取るようなマネは勘弁してください^^


今回ダンスを観ている時は気付かなかったんだけど、隣の席に座っていたのはダンサーのKENTARO!!さん。
KENTAROではありません、ビックリマークが2つ付くのです。
KENTAROではおとなしく見える、KENTARO!!だと勢いを感じる。

KENTARO!!さんともちょっとお話。
KENTARO!!さんの来年からの活動にはかなり注目。
コンテンポラリーダンスに新しい風を吹き込み、かき回す予感。
ベクトルが上を向いてるのがヒシヒシと伝わる。

澤田有紀、KENTARO!! この若いお二人、ベクトルは斜めではないです、↑です。
ついでにおじさんカメラマンも↑です^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-02 02:23 | コンテンポラリーダンス公演

澤田有紀「覚」

室伏鴻×黒田育世の公演を観て、その日の夜に澤田有紀「覚」を観に行った。

最初の「LINKS2」は澤田有紀さん振付・演出で3人の女性ダンサーとひとりの男性ダンサー。
3人の女性ダンサーの動きとシルエットが混ざり6人踊っているように感じれるシーンが印象的だった。
黒田さんのダンスの後では、さすがにダンスのインパクトの違いは明らか。それは仕方がない。

その後、澤田有紀さんのソロ「冬の山」はほとんどバックに音が流れない中でのダンス。
会場の神楽坂die pratzeは席の区切りがあるような席ではなく、座布団が席となっている。
なので結構おしりが痛い、そのうえ動くとギーッときしんだ音がでる。
その会場で無音で踊る澤田有紀さんは観る方も緊張感があり、また、ギーッと鳴らさないようにという違った緊張感もあるのです。
しかし、音がない事により完全にダンサーに神経が集中する。
無音にちかいソロはその緊張感のようなものがあってとてもよかった。
きっとご本人も客席をもっとも感じたのではないでしょうか。
本当にダンスを観た~と満足な公演でした。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-18 00:40 | コンテンポラリーダンス公演