コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ピナ・バウシュ3D映画「PINA 3D」




舞踊家・振付家ピナ・バウシュの軌跡と、ヴッパタール舞踊団の名作を捉えたダンスドキュメンタリー「PINA 3D」(原題)が、2012年に公開されることが決定しました。


ピナ・バウシュ(Pina Bausch)は、ドイツのバレエダンサーで、バレエとコンテンポラリー・ダンスの振付家。
1940年ドイツのゾーリンゲン生まれ。14歳からバレエを始め、世界中の様々なバレエ団で活躍。
1973年ヴッパタール舞踊団の芸術監督に就任。ドイツ表現主義舞踊の権威であるクルト・ヨースの影響を色濃く受け継ぎながら、
演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女の表現する作品は「タンツ・テアター」と呼ばれました。
2009年6月30日、ピナ・バウシュはガンのため68歳で死去しましたが、
彼女の意志と表現力を受け継いだヴッパタール舞踊団は今なお活躍を続けています。

映画は、バウシュと長年親交が深かったヴィム・ヴェンダースが監督。
ヴェンダースとバウシュは何年にも渡ってコラボすることを話し合ってきたそうですが、
映画がプリプロに入った2009年、バウシュは突然亡くなってしまい、
この映画は彼女へのトリビュートとして、彼女のカンパニーであるTanztheater Wuppertalとのコラボレーションで完成。
スクリーン上では、この映画がピナに関する映画ではなく「ピナのための」映画だと字幕で強調されています。

映画は、ヴッパタール舞踊団が表現するPINAの作品を、最新の3Dカメラを使い新たに撮影。
アート系作品では世界初の3D映画となった本作は、第61回ベルリン国際映画祭で上映された後、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録。
日本でも、ギャガの配給で2012年に公開されることが決まりました。

ヴェンダース監督は「映画監督として、印象的なもの、技術的なものなど、たくさんの映画を作ってきました。
映画(movie)は動作(movement)を意味していますが、movieとmovementについて気付いたのは、
初めてピナ・バウシュの作品を観た時でした。でも彼女のようにmovementを創造したり解釈することはできませんでした。
実は、彼女と比べると、私たちの観る技術は素人同然です。
ピナの目は体を通して魂が教えてくれるものを観られるように訓練されていたのです。
それまで私はバレエを見たことはありましたし、世界中でダンスの公演はできるだけみてきましたが、
ひっくり返るような、椅子から投げ出され、床にたたきつけられるような体験は、それまで一度もありませんでした。」と語っています。



「PINA 3D」(原題)は、2012年全国公開。


●「PINA 3D(原題)」
公開:2012
原題:PINA 3D
配給:GAGA/ドイツ・フランス・イギリス映画
上映:103分
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ピナ・バウシュ/ヴェパタール舞踊団ダンサーたち

あらすじ
世界中のファンに惜しまれながら、2009年にこの世を去ったドイツの天才舞踊家ピナ・バウシュ。
彼女の20年来の友人であるヴィム・ヴェンダースが、彼女の人生そのものともいえるヴッパタール舞踊団の不朽の名作と共に、彼女の生きた軌跡を捉えたダンスドキュメンタリー。
アート系作品では世界初となる3D映画化により、想像を遥かに超える臨場感に五感が圧される。
未体験の衝撃と感動をあなたに...


演劇ニュース

[PR]
by waits-00 | 2011-07-29 01:14 | 映画

たまには宝くじでも買って夢見るかな・・・

あまり宝くじは買わないけど…買ってみるかな。

サマージャンボ!!・・・ではなく、「東日本大震災復興宝くじ

1等3千万円・・・はい十分です。3億円もいりませんので。

ハズレても復興に寄付できるならそれはそれでいいし。

サマージャンボ買うなら復興宝くじ買いましょうよ~

さてさて、どんな夢見ようか・・・(まだ買う前ですが)


*******************************************************************

宮城、岩手、福島など9県2市が発売団体の「東日本大震災復興宝くじ」は30日から、総額300億円分が全国で売り出される。1等3千万円。サマージャンボ宝くじなどと比べると少額だが、今回は当たる夢だけを追い求めてはいけない。

 東京都はこれとは別に「東日本大震災復興東京都宝くじ」を8月17日から5回に分けて発売する。「もともと、この時期に売り出す予定の宝くじを、目的を変えて発売することになった。石原(慎太郎)知事の発案です」と都財務局公債課。こちらは都内の売り場限定で、計25億円分を予定している。

 『宝くじ戦争』(洋泉社、819円)などの著書があるノンフィクション作家、大山真人(まひと)さんによると、「宝くじ」という名称で第1回宝くじが発売されたのは昭和20年10月末。敗戦から3カ月もたたない世情の中で花開いた。

 その後も「戦災復興」の名の下に宝くじは全国的なブームに。中でも21年暮れに発売された「福井県復興宝くじ」は、空襲で被害を受けた福井市の「福」と復興の「復」を取って「ふくふく籤(くじ)」と親しまれた。東京にいる福井県人にも「郷土の復興にご協力を」と呼びかけられたという。


産経ニュースより

*******************************************************************



ところで宝くじって商売で使えますよね?

◎喫茶店ならランチ食べた人に1枚宝くじをプレゼント!
◎ヘアーサロンならカットした人に1枚プレゼント!
◎劇場なら予約していただいた方に1枚プレゼント!
などなど

200円、300円で夢を与える宝くじ喜ばれますよ??・・・たぶん。
自分も今回は「東日本大震災復興東京都宝くじ」を商売でプレゼントして多くの人に夢を与えるのだ~
・・・それが一瞬だとしても・・・ま、楽しいですよね。



*******************************************************************
[PR]
by waits-00 | 2011-07-19 19:48 | ぶつぶつ

Tom Traubert's Blues


[PR]
by waits-00 | 2011-07-17 21:20 | You Tube

細胞に語りかけるダンス


脳では処理できない感情がカラダの一番奥の部分を揺さぶる・・・。
細胞自体に何かが起きてる?
本人でさえもわからない感情・感覚。
脳でなく、細胞が感じるている気がした。

そんなダンスを昨日観た。
『NAMIDA』 長内裕美/ピエール・テデスキ


細胞に語りかけるダンスに出会ったことは・・・

ピナ・バウシュの公演で2回
長内裕美の公演で2回
あと数回の公演・・・

長内さん、凄いです。

[PR]
by waits-00 | 2011-07-16 21:48 | ぶつぶつ

長内裕美「Namida」

d0010052_19221159.jpg



長内裕美『Namida』/ダヴィッド・ヴァムパック『ドラム』


日仏2人の新進振付家、長内裕美とダヴィッド・ヴァムパックが、横浜赤レンガ倉庫1号館の舞台で一晩限りの競演をします。

『ドラム』ではダヴィッド・ヴァムパックが、日本人ドラマーと活気あるパフォーマンスを見せます。身振りと過熱した肉体が、激しく高まり火花を散らします。

日本で初上演される『Namida』は、長内裕美の最新作。フランス人ダンサーのピエール・テデスキを共演者に、アンジェで制作されました。ミニマルな所作による静謐な作品です。

ダヴィッド・ヴァムパック/長内裕美
どちらもフランス政府の奨学金を得たアーティスト。ヴァムパックは2011年に、京都九条山ヴィラに滞在。長内裕美は2010年に、「横浜ダンスコレクションR」で「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞し、アンジェのフランス国立現代舞踊センター(CNDC)に半年滞在しました。


7月15日(金) 開演19:30(開場19:00)
横浜赤レンガ倉庫1号館
【一般前売】3,000円(当日3,500円)
【学生・日仏会員前売】2,000円
(当日2,500円)


長内裕美HP



[PR]
by waits-00 | 2011-07-15 19:22 | コンテンポラリーダンス公演

さよなら原発1000万人アクション

d0010052_2130914.jpg


さよなら原発1000万人アクション
[PR]
by waits-00 | 2011-07-11 21:23 | お気に入りサイト

"For Nostalgia"




たまには迷子になるのもいいかもしれません。
It may sometimes be better to lose its way.
[PR]
by waits-00 | 2011-07-08 21:14 | You Tube

オーダーメイド



RADWIMPSミュージックビデオ オーダーメイド
[PR]
by waits-00 | 2011-07-05 19:39 | You Tube

灯りを消す前に


[PR]
by waits-00 | 2011-07-03 01:09 | You Tube

「クレー…色彩の魔術師の実験!?巨大矢印に2つの意味」

パウル・クレーの水彩画「襲われた場所」に注目する。

背景の色彩は帯状に塗り分けられ、中心に向かって徐々に濃いグラデーションになっている。画面中央に描かれているのは上から下へと向かう黒い大きな矢印。その先に舞台セットのように壁に取り囲まれた小さな空間が広がっている。

よく見ると蒸気船や人らしい物などが描き込まれている。クレーは、芸術の役割は見えるものを表現することではなく、見えないものを見えるようにすることだと考え、絵画の可能性を追い続け大胆な実験を繰り返した。一見何げなく見えるグラデーションの色彩は、クレーが驚くべき実験を試みた末に作り上げたもの。彼は何を試みたのか。そこには、画面の半分を占める矢印も深く関係していた。



7/2(土) 22:00 ~ 22:30
テレビ東京 [12]
美の巨人たち
[PR]
by waits-00 | 2011-07-02 21:05 | テレビ