コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

メッセージ

あらら、もうすでに31日なのですね。
テレビを見ないと、年末だという事に気付かない感じです。
でも確かに今日は31日。

今年はなんともおもしろい年だったなぁ。
来年はもっともっとおもしろい年になりそうな予感。

来年いきなりニューイヤー・ドッグパーティーに出展します。
ほとんど株式会社○○みたいな法人ばかりの出展だけど、個人で出展!!
たぶんそんな人は誰もいないかと...。
「個人で何をするつもりだ?」と思われたら見にきてください。
バリバリ営業活動しておりますので^^


ちょっとダンスの撮影から離れる予定だけど、ダンスの公演は見続けるつもり。



今年最後のメッセージはこの言葉


私に死ぬ日がきたら

若者にこう言い残したい

もっとダンスを

もっともっとダンスを

by  モーリス・ベジャール 

ドキュメンタリー映画「ベジャール、バレエ、リュミエールより」




今年一年ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

waits
[PR]
by waits-00 | 2007-12-31 01:40 | ぶつぶつ

パソコンの話、来年の話

パソコンの画面がなかなか見れません。
忙しくてとかいう事じゃなく、モニターがもうダメのようです。
画面がなかなか出てこない。
出てきても消える、出る、消える・・・となんとも困った状態。

かなり穏やかなタイプの人間ですが、時々怒りを感じます^^
モニターだけじゃなくちょこちょこ調子が悪いので買い替え考えないと...。
またまたお金がいる...これは稼がねば!!

...ということで、来年からは↓のような写真を撮り、収入を得ます。
コンテンポラリーダンスの撮影はちょっと休憩、ボチボチと。

d0010052_13099.jpg


d0010052_2272934.jpg




余談ですが、このワンちゃんの飼い主さんはとてもチャーミングな女性です。
残念ながらご結婚されています^^

自分も来年は「チャーミング」という言葉がピッタリな女性と結婚するぞ!
しかし、なかなか出会わないんですよね。チャーミングな女性。
そして子供を作るぞ!...どう考えても出来ちゃった結婚?
その前に彼女を作らねば...というオチ^^

最近母親の入院があり、なんだかいろいろ考えさせられた。
たいしたことはなく、10日程で退院出来たんだけど。
ヤッパ、結婚して孫の顔見せないとなぁ~なんて。

ということで、来年はとても忙しい年になる予感?^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-26 01:52 | ぶつぶつ

たまには写真など...

d0010052_23543250.jpg
d0010052_062515.jpg
d0010052_23555467.jpg
d0010052_23581723.jpg
d0010052_004630.jpg

[PR]
by waits-00 | 2007-12-19 00:07 | 写真の事、撮影の事

MOKK LABO#2 @廃墟

ヤサぐれ舞踊評論家乗越たかおさん(長いのでヤサぐれさん)
そのヤサぐれさんのブログで知ったMOKKという集団イケテます。
さすがヤサぐれさんだ。

まずHPに掲載されている、以前の公演の紹介VTRを観て、ニンマリ。

2007年2月「---frieg」ダイジェスト動画←観てみてくださいな!

きちんとダイジェスト版として編集し、見せるモノとして創られてる。
これって、やってそうでほとんどのダンサーやカンパニーはやっていない事だと思う。

それは現場に行ってマジマジと見せつけられた。
舞台を撮るというより、映画を撮るに近い作業。
今回の場所が廃墟化したビルだということもあるのだけど、それにしても映像にこだわりをもって撮っているように思えた。

ダイジェスト版をちょいと見せて、興味を持たせ、観客動員!
ダイジェスト版をちょいと見せて、私たちこんな公演やったんですよ!と事後報告。
ダイジェストってすばらしい~^^
みなさん、良い事は真似しましょう!!

次のニンマリはもちろん公演で。
九段下にある廃墟化?したビルでの公演。
三部屋とズドーンと長い廊下でそれぞれ違った世界が。
なんとも空間の使い方が上手いし、パフォーマンスもおもしろい。

ゲネ撮影2回&本番を1回観たけど、飽きなかった。
撮る作業もかなり楽しく撮る事が出来た。
MOKKの次回の公演は神楽坂、赤城神社境内。またまた楽しみです。


d0010052_057235.jpg

[PR]
by waits-00 | 2007-12-17 00:57 | コンテンポラリーダンス公演

「true 本当の事」

横浜赤レンガ倉庫で行われた「true 本当の事」

白井剛×川口隆夫×藤本隆行


とてもとても繊細に綿密に正確に創られた舞台。
光、音、動き何もかも計算されているかのよう。

でもその完璧さのようなものが、自分は苦手...。
入る隙がないというか、想像出来ないというか...。

きっと好きな人にはたまらない舞台だと思う。
しっかり創りこまれているし。

チラシの写真でも掲載されていたけど、白井さん、そして床面に映り出された白井さん。
この場面は本当にキレイで素晴らしかった。
一番印象的な場面。


d0010052_024584.jpg

[PR]
by waits-00 | 2007-12-17 00:03 | コンテンポラリーダンス公演

「いつだって目は開けていたい。」

今回の公演で不思議な事が起きた。それは

舞台上、一人の女性が話すストーリーを聞いて、あ、この公演以前に観たんだと思った。
「友達が行方不明に」「auの支払い」「電気料金」完全に記憶にある。
いつどこで観たのか思い出せない。でも間違いない。

でもその時は、男性が話していたような...そして客席はもっと左側に座って観ていた気がする。

この女性の語り以外の踊りなどは全くリンクしない。
覚えているのは語りの部分のみ。

しかし、この作品は初演...。記憶にあるこの状態はなんなのだろう?

もしや、映画?本?などで観たり読んだりしたのか?
ストーリーが同じというのもおかしい。
一体なんなんだろう?不思議だ。


作品は人間のオモテとウラ、精神世界な部分を感じた。
この作品が煮詰まっていくと、ちょっと怖い気がする。


公演後、会場でお会いした批評家の坂口さんと居酒屋で軽く一杯。
コルプスでの黒沢美香さんのインタビューの様子の話をお伺いできた。
黒沢ファンとしてはとてもラッキーな事だった。

帰りの精算時にバッタリと東野祥子さん一同に会う。
公演のメンバーで打ち上げのご様子。
ちょっと酔っ払いの祥子さん、ワイワイとみなさん。
その様子を見て、なんだかホッと安堵感。普通の人達だと。
舞台の上ではみなさん、かなりいっちゃってますので^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-12 02:12 | コンテンポラリーダンス公演

日本-フィンランド-韓国 ダンス共同制作事業 ~かたわらで~

森下真樹さんとは、ヤサぐれ舞踊評論家乗越たかおさんの講演の後の飲み会で初めてお会いした。
とても物静かな感じの方だった。

...が、舞台上では、「森下チキチキバンバン真樹です」に変身されるからビックリ^^
今回初めて森下さんの公演を観た。ずっと観てみたかったダンサーだった。
「ぷっ」と吹き出してしまうタイプのダンスパフォーマンスがなんとも嬉しい。
ソロ作品は「デビュタント」

その後、森下真樹、ヴェーラ・ネヴァンリンナ、イ・ソンアの三人による「~かたわらで~」
この中での森下さんにスポットが当たってのソロの踊りにまたまたビックリだった。
コミカルな動きが入りつつ、動きのキレがカッコイイ。
韓国のダンサーイ・ソンアさんの最初の虫系?な動きも好きだった。
どうも虫系?獣系?など自分は好きなようです^^

フィンランドのダンサーヴェーラ・ネヴァンリンナさんのソロは音と連動したダンス。
音のインパクトが強すぎてダンスが弱く感じたかも。

帰りに森下さんに遭遇、握手を、物静かな森下真樹さんに戻られてました^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-12 01:18 | コンテンポラリーダンス公演

黒沢美香 「ロマンチックナイト in 丸亀」

誰もいない薄暗い客席に、黒沢さんの大きな影がのびている。
誰もいない舞台で一人踊っている黒沢さん。そんな風に見える場面があった。
黒沢さんとそのシルエットがなんとも素敵で、哀愁のようなものを感じた。

客席に誰もいないのは、お客さんは舞台の上だからです。
舞台の上にコの字で作られた客席。
そうです、お客さんも舞台の上にいるのです。

舞台の上から見える客席は新鮮だった。
ダンサーでなくお客である以上、見る向きは客席から舞台方向。
舞台から客席を見下ろす事はないのです。

踊りを観ながら、クラブの中で一人踊る黒沢さんを想像した。
絶対カッコイイー。
しかし、公演後見たパンフレットで驚かされる。
ロマンチックナイトの初演はなんとディスコ(クロスポイント)
ディスコで踊らない?黒沢さん。
本当にカッコイイー人です。

次回は東京の若者達が踊り狂ってるクラブでロマンチックナイトが観てみたいです。
若者達をノックアウトさせてください。お願いします、美香さん^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-11 07:38 | コンテンポラリーダンス公演

輝く未来試演会 「落ち着け、グロリア!」

今日は、森下スタジオへ

5つの作品が上演された。

チラシに書かれた伊藤キムさんの言葉は結構好きだったりする。
その言葉を読み、これから始まるダンスに注目。

最初の作品からガツンと殴られた。
確かにキムさんの言葉を裏切らない作品だった、と思う。
ここまでやるか?といった重く、ブルブル系?のダンス。
ちょっと怖さを感じるほど。

3人の女性のダンサーが異空間を創りだしていたけど、
ここにもう一人、全く別の現実を感じさせる女の子が一人楽しそうにピョンピョンと
飛んでいたらどんなふうに感じるのかな?なんて観ていた。
二つの世界が交わらなく、同じ場所に存在する。
もしかしたら、笑って飛んでいる女の子の方が怖さを感じる瞬間があるかも、なんて。

最後の作品には、キムさんもダンサーとして参加。
今回初めて踊るキムさんを観る事が出来ました。
やはり存在感のある方です。

伊藤キムさん自身の振付た作品、そして踊りが観てみたいなぁと思った。今日でした。
[PR]
by waits-00 | 2007-12-03 02:04 | コンテンポラリーダンス公演

ダンスシード2007 12/1

またまたまた、ブリック・ワンへ
1日に2回行ったわけじゃないです。説明しなくてもいい?

出演のダンサーは

澤田有紀 Yuki Sawada
相澤哲 Satoshi Aizawa
羽山義彦 Yoshihiko Hayama


好きだったのは、澤田有紀さん。
澤田さんのダンスはキレイ過ぎず、壊れ過ぎずとその間を独特の動きで踊られているのが印象的。
見せ方が上手いなぁ。
音の使い方、光の使い方も好きだった。

公演後、澤田さんとちょっとお話。
ダンスの公演に行き、「元気をもらおうと思ったら、吸い取られる事ありますよね」
澤田さんのその言葉が笑えた。はい、あります^^
ダンサーの皆さん、頼むから元気や刺激をください。
頼むから吸い取るようなマネは勘弁してください^^


今回ダンスを観ている時は気付かなかったんだけど、隣の席に座っていたのはダンサーのKENTARO!!さん。
KENTAROではありません、ビックリマークが2つ付くのです。
KENTAROではおとなしく見える、KENTARO!!だと勢いを感じる。

KENTARO!!さんともちょっとお話。
KENTARO!!さんの来年からの活動にはかなり注目。
コンテンポラリーダンスに新しい風を吹き込み、かき回す予感。
ベクトルが上を向いてるのがヒシヒシと伝わる。

澤田有紀、KENTARO!! この若いお二人、ベクトルは斜めではないです、↑です。
ついでにおじさんカメラマンも↑です^^
[PR]
by waits-00 | 2007-12-02 02:23 | コンテンポラリーダンス公演