コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

私がお金持ちになったら

夜行バス乗り場で「waitsさん?」という声。
振り返るとBABY-Qのスタッフ。なんと同じバスで大阪に帰るという。
しかも同じ並びの席...すごい偶然にビックリ。

京都に着き実家へ
東京から送った荷物が届くのを実家で待っていた。
しか~し、待っても待っても届かない。
午前中指定なのに...。
結局その荷物は午後3時半頃到着した事を後で母親に聞く。


おかげで30分遅刻し、訪れたのはアトリエ劇研。
きたまりさんの公演『おめでとう』の撮影です。
きたまりさんの作品は一度ご本人のソロを1回観ただけしかありませんでした。
なのでKIKIKIKIKIKIの作品は今回が初。
撮った枚数800枚越え。久々の大量撮影です。

きたまりさんの創りあげる舞台は「画になるなぁ」と感じました。
シーン、シーンどれもが「キレイな画」として感じられます。
プロフィールを拝見すると、京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科。
もちろんご本人の感性だとは思うのですが、舞台の事を学ばれていた事は強みなのかも。
撮りながらきたまりさんの舞台の凄さを感じました。

そして19時からの公演を拝見し、その後、夜行バスで東京へ。


「今回の公演、東京ではやらないの?」ときたまりさんに聞くと、
「お金の問題が...。京都だけです。」と。
こんなすばらしい公演、お金の問題で公演できないなんて...もったいない。
どっか支援する団体なり企業はないのかと思ってしまう。

コンテンポラリーダンスを観るのが好きなお金持ちがいて、公演を観に行き。
「お、この公演はいい」と思ったらお金をサッと。そんな人がいないもんでしょうか?
私がお金持ちになったら実現したいと思います。
なったらの話ですが...。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-30 02:29 | ぶつぶつ

アカプロ#12

スパー・デラックスで知り合ったダンサーの伊藤真喜子さん。
名刺を渡すと、名刺がないのでこれどうぞともらった小さな紙は公演の案内だった。
ということで、お邪魔した。

場所は森下スタジオ。
からみのダンスといった感じの4人のダンサーがからむ。
他にもからまれた人がいました。それはお客。
観ている観客の一人が突然スカーフを繋いだような布を片足に縛りつけられ、ダンサーに引っ張られる。
すると座っていた椅子から落ちる。
その後、スーパーの買い物カゴを乗せる時のカートのようなものに乗せられ、ステージをグルグルと何周も回される。
といったからまれ方をしたお客は自分でした。
ビールが入り、グルグル回され、程よく酔払った気分。

その後、ほろ酔いで新宿の夜行バス乗り場へ
[PR]
by waits-00 | 2007-09-30 01:34 | コンテンポラリーダンス公演

金沢健一「音のかけら」+酒井幸菜

24日、「謝肉祭」にお邪魔するはずで新宿駅に着いたのが14時。
これはダメだと諦め、急遽予定を変更、上野の森美術館へ

金沢健一「音のかけら」+酒井幸菜を観てきました。

切り抜かれたさまざまな形の鉄板がバラバラっと集められている。
最初鉄だと思わず、割られた瓦かと思っていた。
その鉄板のかけらにモノをぶつけ、叩き、床に引きずり、音を響かせる。
この音がなんとも素敵だ。

そして金沢さんの作品に合わせた衣裳の酒井幸菜さんが舞う。
自分から金沢さんにコラボを頼んだそうです。
作品とうまく交わった感じでとてもよかった。

こんなふうなコラボをどんどん実現して欲しいととても思う。
ダンスを劇場で観るのも好きだけど、いろいろなアーティストとの垣根のないコラボがさまざまな場所で観られるようになれば素敵だなぁと思う。
きっとそれの方がいろいろな人達にダンスの存在を知ってもらえると思う。

金沢健一「音のかけら」はもう一度観に行ってこようと思う。
とても好きだなぁこういう空間と音。

そうそう、会場でカメラマンの小熊夫妻にお会いした。
小熊さんが今回の撮影しているかと期待したけど、撮られてなかった。
あ~写真撮りたかったなぁ。残念。

金沢健一「音のかけら」
[PR]
by waits-00 | 2007-09-26 23:10 | コンテンポラリーダンス

small color+首藤幹夫のライブ

9月23日、アサヒ・アートスクエアにて「small color+首藤幹夫のライブ」

small color、trico!、最近聴きに行っているライブはこのアーティストだけです。
small colorはオオニシユウスケさんと良原リエさんのユニット。
trico!は良原リエさん。
...ということは、良原リエを追いかけている事になる?

音の作り、音の空間がいいんです。
聴いていて疲れないし、何度聴いても飽きない。
ダンスの公演ばかりだったので、音楽もヤッパいいぞ~と感じた日でした。
首藤幹夫さんの映像もなかなかよかった。
撮影させてもらったんだけど、首藤さんの写真の映像をまたカメラで撮るという
ちょっと面白い行為のような気がした。


そうそう、来月はリッキー・リー・ジョーンズのライブがBilboard-Liveである。
かなり楽しみ。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-26 22:40 | ライブ

KIKIKIKIKIKI新作ダンス公演『おめでとう』

「ダンスの写真撮りませんか?」とケータイに連絡をくれたのは、きたまりさん。
なんと嬉しいお言葉。
9月28~30日まで公演がありますとの事。
はい、もちろん知ってます。すでにチェック済み^^
しかし、残念ながら東京へ引越ししているのです。
京都はちょっと遠いのです。
ということで、せっかくの嬉しい話をお断りした。

しか~し、「撮りたい」という欲望がメラメラ。
正直公演を観るだけに京都まではちょっとと思ってしまいます。
撮影&公演を観るとなれば、話は別・・・?
はい、結局9月28日に京都へ行く事に。
しかし、うまい事28日だけ予定が空いてるもんだ。
KIKIKIKIKIKI新作ダンス公演も興味があるし。

ダンサーの皆さん、「写真撮りませんか?」は今一番自分にとって嬉しい言葉。
ドンドン声をかけてくださいね。
只今修行中につき無料ですよ。遠慮は無用です。




京都芸術センター制作支援事業/アトリエ劇研協力公演
KIKIKIKIKIKI新作ダンス公演
『おめでとう』

振付・演出
きたまり

出演
花本ゆか 佐藤侑里 住友星未
京極朋彦 竹内英明 きたまり


スタッフ
照明/高原文江 音響/土井新二朗 美術/黒田政秀 衣装/園部典子
舞台監督/川島玲子 制作/斎藤努 楽曲提供/Pao

日時(2007年)
9月28日(金)19:00
9月29日(土)15:00/19:00
9月30日(日)15:00

会場
アトリエ劇研

チケット料金
前売 2,000円/当日 2,500円(日時指定・全席自由)

チケット取扱い
◎京都芸術センターチケット窓口(10時~20時)直接販売のみ
JCDNダンスリザーブ 
◎KIKIKIKIKIKIウェブサイト【→予約ページへ

お問い合わせ
E-mail:ki6@kitamari.com
TEL:090-1969-0827
[PR]
by waits-00 | 2007-09-26 00:29 | コンテンポラリーダンス公演

禁断のセッション Vol.3


d0010052_2342530.jpg
d0010052_23435566.jpg
d0010052_2345522.jpg
d0010052_23465882.jpg
d0010052_234844100.jpg



music : 灰野敬二
dance : 煙巻ヨーコ
visual : ROKAPENIS

9月24日渋谷 UPLINK FACTORYで行われた「禁断のセッション Vol.3」
公演の一番前の席で撮影させてもらいました。
はい、煙巻ヨーコさんです。

動きが人間ではありません。
音もありふれた音楽ではありません。
映像もただの映像ではありません。
だからこの公演を観なかった人はお気の毒に思えます。

最近ブログにダンスの写真が載せられなかった。
これって結構ストレス。
私は批評家ではないので、講演後の感想を上手く言葉に出来ません。
コンテンポラリーダンスを撮るカメラマンなので、写真が必要なのです。
しかし、掲載するには主催者、ダンサーの方に了解が必要です。
当たり前の話ですが。

今回は煙巻ヨーコさんよりOKのお返事をもらったので、掲載。
久々のダンスの写真です。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-26 00:07 | コンテンポラリーダンス公演

「謝肉祭」 ダンス短編集

今回またまた黒沢美香&ダンサーズ「寛容な肉」で知り合ったダンサー、
磯島未来さん、斉藤麻里子さんが出演する公演にお邪魔した。
磯島さん、斉藤さん意外にお二人(梅崎礼さん、越博美さん)
場所はまたまたStudioGOO。
4人は年女。そんな4人のそれぞれのダンス。

同い年4人の女性のソロダンスを観て思ったんだけど、なんだかそれぞれの部屋を覗いている感じがした。
部屋の中に存在する本やCD、飾ってある絵や写真、カーテンの色や洋服の色。
それぞれのセンス、趣味、思考などがそこには散りばめられている。
ダンスももしかしたらそれに似ているのかも...なんて思った。
振付、衣裳、音、ライティング、そして踊り。
内面的な何かがダンスに現れているような気がした。

今回ゲネ撮影を撮らせてもらった。
その後公演を観たので、撮りきれていない部分が見えて反省しながらの鑑賞でした。


本当は今日も行く予定だったけど、14時に新宿到着。
...ということはStudioGOOに到着するのは...30分ほど遅れ。
これでは迷惑だとお邪魔するのをやめた。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-25 01:02 | コンテンポラリーダンス公演

HB 煙巻ヨーコを撮る!

むふふふふ、「煙巻ヨーコが撮りたい!」と叫んだのが9/11。
その10日後の今日、煙巻ヨーコさんを撮らせてもらう事となりました。ヤッター!!
場所は六本木のSuperDeluxe。

SuperDeluxeといえば以前、川口隆夫×山川冬樹「D.D.D 私の心臓は何回鼓動して止まるのか」を観た場所。
あの時は目黒大地×東野祥子「地平線はたえず逃亡する」を観た後、大急ぎでやってきた。
その時SuperDeluxeまで批評家の坂口勝彦さんに案内してもらった。
おかげで開演に間に合った。感謝です。

新しいカメラ、EOS-1D MarkⅢ+EF70-200mm F2.8L IS USMで初めて東野洋子さんの公演を撮影した。
結果は、使い慣れていないのでまだまだ撮りずらい。
しか~し写真の描写力は最高!です。
かなり暗い場面でもノイズが全くない。こりゃ凄い、凄すぎる!
重いだけのことはある。
三脚に載せて撮影してるのにもかかわらず、カメラに振り回されているのは何故?
腕力がないから?撮り方が変?
とにかく振り回しながら、いや、振り回されながら撮りました。

今日の撮影は2回目なので前回よりは撮りきれると思う。
しかもシャッター音を気にしないで良さそうなのでバシバシ撮れそう。
楽しみだ。



2007年9月21日 場所:SuperDeluxe

開場 ... 18:30 開演 ... 19:00
料金 ... 2800 (1ドリンク付)

HB 1st mini album "Hard Black" Release Party

Live:
HB、Manabu Sakata、Gnu、ISAMU HIMURO (MESCALITO)

DJ:
jupiter drum

Special Guest:
GOMA (didgeridoo)、煙巻ヨーコ (dance)

VJ: SAKOTA HARUKA
[PR]
by waits-00 | 2007-09-21 02:05 | コンテンポラリーダンス公演

イデビアン・クルー「政治的」

黒沢美香&ダンサーズ「寛容な肉」で知り合ったダンサー、松之木天辺さんから届いた案内の中にイデビアン・クルー「政治的」の案内が入っていた。
イデビアン・クルーは以前から一度観てみたいと思っていた。
なんと天辺さんはイデビアン・クルーのメンバーだったとは。

イデビアン・クルー、かなり面白かった。
コンテンポラリーダンスとして考えると異質な存在なのかもしれない。
コンテンポラリーダンスの観るイメージは非日常的なものがとても多い。
内容は日常的でも視覚的には非日常といった感じがするものばかり。
しかし、イデビアン・クルーの公演は完全に日常。
視覚的にも日常なのです。
何処かの会社で行われている日常的な風景。
そんな風景をとてもコミカルに見せてくれます。

今回イデビアン・クルーの人気の秘密が理解できたような気がした。
[PR]
by waits-00 | 2007-09-21 01:37 | コンテンポラリーダンス公演

ダンスの後に...

公演に行くとたくさんのパンフレットをもらい、それを見て、また公演へ行く。
じゃあ、パンフレットを見て、行きたかったけど行けなかった人は?
。。。残念でした来られないアナタが悪い。

そこで考えるのはインターネットで検索。
まずは公演のHPを見る。だいたい終了した公演のパンフレットの案内のみ。
出会えるとしたら、ブログに書かれた観に行った人の言葉、もしくは批評家の言葉。
以上

観る側(お客の立場)で物事を考えると、公演前の情報を知れることが大切な事は当たり前。
そして、公演後の情報も知りたいと思う。
この「公演後」に意識を向けている気がしない。ここで「写真を利用してくれ~」と思ってしまう。
言葉だけでは限界があります。写真が加わればずっとリアルに感じれます。
撮るカメラマンによって作品が少々は変化するかもしれない、でもそれは全く別物ではないはず。
出来ることならダンサーの方のHPやブログで公演後の写真を見れるようにして欲しいと思う。
それは公演を観ていない人だけではなく、観た人でも楽しめると思う。
結構大事な事だと感じるんだけどなぁ...そんな事を思うのは自分だけかな?
[PR]
by waits-00 | 2007-09-20 00:00 | ぶつぶつ