コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

カテゴリ:テレビ( 19 )

2021年までに日本のITは何をするのか~被災地と日本と世界のために~

経済産業省・新世代IT政策尖端研究会~世界にはばたけ!日本のIT~ 最終回


【会場のご案内】2011/08/22(月) 開場:18:50 開演:19:00

「2021年までに日本のITは何をするのか~被災地と日本と世界のために~」
次の世代のIT政策は何をするべきか?
この大命題に、ウェブやTwitterでおなじみの方々と経産省の現役若手官僚が挑みます。
そして、ニコ生をご覧の皆さんも、メールやコメント、Twitter等を通じて、
この会議に参加していただきます。
[PR]
by waits-00 | 2011-08-22 15:47 | テレビ

「クレー…色彩の魔術師の実験!?巨大矢印に2つの意味」

パウル・クレーの水彩画「襲われた場所」に注目する。

背景の色彩は帯状に塗り分けられ、中心に向かって徐々に濃いグラデーションになっている。画面中央に描かれているのは上から下へと向かう黒い大きな矢印。その先に舞台セットのように壁に取り囲まれた小さな空間が広がっている。

よく見ると蒸気船や人らしい物などが描き込まれている。クレーは、芸術の役割は見えるものを表現することではなく、見えないものを見えるようにすることだと考え、絵画の可能性を追い続け大胆な実験を繰り返した。一見何げなく見えるグラデーションの色彩は、クレーが驚くべき実験を試みた末に作り上げたもの。彼は何を試みたのか。そこには、画面の半分を占める矢印も深く関係していた。



7/2(土) 22:00 ~ 22:30
テレビ東京 [12]
美の巨人たち
[PR]
by waits-00 | 2011-07-02 21:05 | テレビ

たけしアートビート・特別編

ビートたけしが今一番会いたいアーティストに会いに行く

▽火薬アート蔡国強
▽タップ王セビアン・グローバー


5/28(土) 21:00 ~ 22:00
NHK総合 [1]
[PR]
by waits-00 | 2011-05-28 17:43 | テレビ

写楽・天才絵師の正体を追う

ギリシャ・コルフ島で発見された肉筆画を通し、謎の多い絵師、東洲斎写楽の正体に迫る。

今回発見されたのは、ギリシャ人外交官が20世紀初頭のパリで収集したコレクションの中に埋もれていた。新発見の肉筆画は、写楽の実像に迫る重要な手掛かりとなる。江戸中期の画壇に突然現れた写楽は大胆な構図の役者絵で鮮烈なデビューを飾ったが、わずか10カ月活動しただけでこつぜんと姿を消した。

史料には、その素顔をうかがわせる記録がほとんど残されていない。写楽の正体をめぐり「歌麿説」「北斎説」など40近い数の仮説が提起され、日本美術史上最大の争点の一つとなってきた。




5/8(日) 21:00 ~ 21:50
NHK総合 [1]
NHKスペシャル
[PR]
by waits-00 | 2011-05-08 19:37 | テレビ

たけしのTVタックルあの震災から1ケ月…

4/11(月) 19:00 ~ 21:48
テレビ朝日 [10]


第1部!!現地被災者がスタジオ出演!!生の声聞いて!!天災か人災か東電vs官邸の(秘)空回り原発の安全神話が崩壊野菜&魚に風評被害が東京も危険!?首都移転とニッポン再生(秘)計画第2部!!緊急生放送!!都知事選の(秘)大反省会たけしvs東国原が激論権限とカネ…地方の乱復興(秘)増税
[PR]
by waits-00 | 2011-04-11 19:01 | テレビ

劇場中継 「ロベール・ルパージュ『ブルードラゴン』」

「ロベール・ルパージュ『ブルードラゴン』の魅力」

世界的な活躍を続けるカナダ人演出家、ロベール・ルパージュ。
演劇をはじめ、シルク・ドゥ・ソレイユやニューヨーク・メトロポリタンオペラでワーグナーの「ニーベルングの指環」を演出するなど、様々な分野の舞台芸術で世界的評価を得ている。
ルパージュの舞台の特徴は、最新テクノロジーを駆使した映像と演劇を融合させた作風にある。
今回、ご覧いただく「ブルードラゴン」は、急激な変貌を遂げる現代の上海が舞台。

そこでギャラリーを開いている男と中国人女性アーティスト、男の昔の恋人の3人を中心に、現在と過去、そして未来をめぐる物語が展開される。
スタジオゲストにルパージュ作品に出演したことのある、俳優・演出家の白井晃さんを迎え、ルパージュ作品の魅力をお聞きしながら、舞台「ブルードラゴン」の見どころを紹介する。

【ロベール・ルパージュ】
1957年カナダのケベック州生まれ。舞台に映像表現を取り入れた先駆者として一世を風靡。最新のテクノロジーを積極的に取り入れる一方、東洋の文化、とりわけ日本の伝統芸能への深い関心を活かした演出も得意とする。卓抜した芸術性とエンターテインメント性の融合によって演劇以外のジャンルでも活躍し、2007年には、かつてピーター・ブルックやピナ・バウシュも受賞したヨーロッパ演劇賞を受賞した。



4年ぶりの来日公演となる「ブルードラゴン」は、ルパージュの出世作になった1985年の「ドラゴンズトリロジー」の続編として作られた作品。急激な発展途上にある上海を舞台に、3人の男女の繊細な人間関係のなかに、現代中国やアジアの抱える問題と未来を映し出す。
上海の都市風景や幻想シーンなどを映し出す美しいビジュアルアートや、シンガポール出身のダンサー、タイ・ウェイ・フォーのコンテンポラリーと伝統舞踊を取り入れた独特のダンスなどが見所である。
時にユーモアをまじえた語り口で、書道をはじめとするアジアの伝統と先端都市の風景を交錯させ、クールで幻想的なシーンを次々に繰り広げ、空港からアパート、ギャラリー、そして屋外の風景まで、アイデアに満ちた詩的な映像センスを融合させて演出し、観客を幻想の世界へと誘う。



2/11(金) 23:00 ~ 01:17
NHK教育 [3] 芸術劇場
[PR]
by waits-00 | 2011-02-11 16:31 | テレビ

伊藤若冲「菜蟲譜」

「伊藤若冲壮観11メートル絵巻・菜蟲譜奇想絵師の仕掛け満載」

伊藤若冲の「菜蟲譜」を取り上げる。色とりどりの野菜や昆虫などが描かれた絵巻。昭和初期から行方が分からなくなっていたが、1999年に栃木で発見された。若冲は江戸時代、京の都で活躍した絵師。迫真の描写力と鮮烈な色使い、生命力あふれる独特の画風で人気だった。

彼が74歳の時に描いたこの作品は、それまでの作品とは少し様子を異にしている。野菜は色や形がデフォルメされたようなユニークさが際立ち、生き物はどこか人間くささを感じさせる。この作品には特別な思いが込められていた。


2/5(土) 22:00 ~ 22:30
テレビ東京 [12]
美の巨人たち◇
[PR]
by waits-00 | 2011-02-05 19:06 | テレビ

カンブリア宮殿 未来工業創業者山田昭男

社員に超やさしい会社おばちゃんも正社員!休日140日で全員幸せ秘訣はケチケチ経営!?創業者は“変わり者”


電気設備機器メーカー、未来工業創業者の山田昭男氏を迎える。同社は壁に埋め込まれる電気コードの配線管など住宅関連の見えない部分を支え、圧倒的なシェアを誇る商品を数多くそろえる。さらに毎日、何かしらの改良で新商品が生まれる。

大手と同じ物を作っていては負けてしまう、考え続けて差別化しろということが全社員に徹底されている。そんな同社は残業やノルマはなく、休日も一般企業より多い。従業員は全員正社員で、給与は地元の岐阜県庁と同等の高水準。山田氏は社員の不満を解消するのが経営の仕事、社員のやる気をいかに起こし高めるかが全てだと考えている。


カンブリア宮殿
1/20(木) 21:54 ~ 22:54
テレビ東京 [12]
[PR]
by waits-00 | 2011-01-20 18:49 | テレビ

モロッコ天才マチスが極めた色…切り紙絵の青い裸婦

マチス作「ブルーヌード」を紹介する。ピカソと並び称された天才画家の最晩年の傑作。ヨガのような複雑なポーズを取った女性の裸体が描かれている。油絵のように見えるが、切り抜いた紙をキャンバスに貼り付けた切り紙絵と呼ばれる作品だ。使われた色は、静かで深い青一色。フォービズムをけん引したマチスが、本当の自分の色を求めて訪れたモロッコで出合った色だ。モロッコでも特別な意味を持つという青に、彼はある思いを託している。


美の巨人たち◇
1/15(土) 22:00 ~ 22:30
テレビ東京 [12]
[PR]
by waits-00 | 2011-01-15 22:00 | テレビ

わたしが子どもだったころ「写真家 藤原新也」

写真家・藤原新也は1944年生まれ。生家は北九州、門司港そばの旅館。引き揚げ者や行商人、旅人たちが来ては去った。客人が引き起こす男と女の色恋沙汰(さた)、金銭トラブルの数々。藤原少年は旅人の中で暮らすうちに、いつしかこの世の無常観を知る。父は常連客に、よくだし巻きを作った。少年は父をまねて作り始めるが、卵を何個も無駄にしてしまう。やがて少年は、この世を生きていく大切なことを父から学ぶ。


1月9日(日)
午前11時00分~11時45分
NHK総合
[PR]
by waits-00 | 2011-01-09 10:02 | テレビ