コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

カテゴリ:ぶつぶつ( 107 )

今年もよろしくお願いします。 2012年~




さてさて、今年はどんな年になるんでしょうね。

今年もダンスの撮影からは離れてるけど、いつか戻ると思います。

2013年復活!?・・・かも?

・・・ということで、今年もこの曲でスタート!
[PR]
by waits-00 | 2012-01-08 02:35 | ぶつぶつ

「好きなダンサーは誰ですか?」



と聞かれて、
以前なら、「う~ん・・・」と考え、答えられなかったけど

今なら即答できる。



「長内裕美」 「酒井幸菜」


って。




あなたの好きなダンサーは誰ですか?
[PR]
by waits-00 | 2011-12-29 22:40 | ぶつぶつ

三猿

    どうでもよすぎて・・・


           「見ざる、聞かざる、言わざる


                                 になりそう。




どうでもいいものばかり   オモテ   にいるのでしょうか??



            この世の中。 



      何故に?

[PR]
by waits-00 | 2011-08-31 01:44 | ぶつぶつ

たまには宝くじでも買って夢見るかな・・・

あまり宝くじは買わないけど…買ってみるかな。

サマージャンボ!!・・・ではなく、「東日本大震災復興宝くじ

1等3千万円・・・はい十分です。3億円もいりませんので。

ハズレても復興に寄付できるならそれはそれでいいし。

サマージャンボ買うなら復興宝くじ買いましょうよ~

さてさて、どんな夢見ようか・・・(まだ買う前ですが)


*******************************************************************

宮城、岩手、福島など9県2市が発売団体の「東日本大震災復興宝くじ」は30日から、総額300億円分が全国で売り出される。1等3千万円。サマージャンボ宝くじなどと比べると少額だが、今回は当たる夢だけを追い求めてはいけない。

 東京都はこれとは別に「東日本大震災復興東京都宝くじ」を8月17日から5回に分けて発売する。「もともと、この時期に売り出す予定の宝くじを、目的を変えて発売することになった。石原(慎太郎)知事の発案です」と都財務局公債課。こちらは都内の売り場限定で、計25億円分を予定している。

 『宝くじ戦争』(洋泉社、819円)などの著書があるノンフィクション作家、大山真人(まひと)さんによると、「宝くじ」という名称で第1回宝くじが発売されたのは昭和20年10月末。敗戦から3カ月もたたない世情の中で花開いた。

 その後も「戦災復興」の名の下に宝くじは全国的なブームに。中でも21年暮れに発売された「福井県復興宝くじ」は、空襲で被害を受けた福井市の「福」と復興の「復」を取って「ふくふく籤(くじ)」と親しまれた。東京にいる福井県人にも「郷土の復興にご協力を」と呼びかけられたという。


産経ニュースより

*******************************************************************



ところで宝くじって商売で使えますよね?

◎喫茶店ならランチ食べた人に1枚宝くじをプレゼント!
◎ヘアーサロンならカットした人に1枚プレゼント!
◎劇場なら予約していただいた方に1枚プレゼント!
などなど

200円、300円で夢を与える宝くじ喜ばれますよ??・・・たぶん。
自分も今回は「東日本大震災復興東京都宝くじ」を商売でプレゼントして多くの人に夢を与えるのだ~
・・・それが一瞬だとしても・・・ま、楽しいですよね。



*******************************************************************
[PR]
by waits-00 | 2011-07-19 19:48 | ぶつぶつ

細胞に語りかけるダンス


脳では処理できない感情がカラダの一番奥の部分を揺さぶる・・・。
細胞自体に何かが起きてる?
本人でさえもわからない感情・感覚。
脳でなく、細胞が感じるている気がした。

そんなダンスを昨日観た。
『NAMIDA』 長内裕美/ピエール・テデスキ


細胞に語りかけるダンスに出会ったことは・・・

ピナ・バウシュの公演で2回
長内裕美の公演で2回
あと数回の公演・・・

長内さん、凄いです。

[PR]
by waits-00 | 2011-07-16 21:48 | ぶつぶつ

脱原発への道







5月23日「参議院行政監視 委員会」

京都大学原子炉実験所助教      小出裕章氏
芝浦工業大学非常勤講師       後藤政志氏
神戸大学名誉教授          石橋克彦氏
ソフトバンク株式会社代表取締役社長 孫正義氏
[PR]
by waits-00 | 2011-05-25 22:41 | ぶつぶつ

山本太郎、福島の親たちとともに文科省前で抗議活動!

俳優の山本太郎が、23日、福島からの親たち100人を含む多くの人たちとともに文部科学省前に集結し、文科省が定めた学校の暫定基準20ミリシーベルトの撤回を訴えた。

文部科学省は、福島第一原発事故の後、学校生活で注意すべき屋外の放射線量の暫定基準値を毎時3.8マイクロシーベルト、つまり年間で20ミリシーベルトとした。この日、福島からやってきた多くの親たちが、子どもたちを守るため、この殺人的な基準値の撤回を求めた。山本も、そんな親たちとともに立ち上がった勇気ある著名人のひとりだ。

これまで山本は、自身のツイッターを通して「脱原発」のメッセージを伝え続け、4月10日には、反原発デモへ参加して、「原発反対!」を訴えた。彼ほど、「脱原発」を声高に訴えてきた芸能人は多くないだろう。

20ミリシーベルトという数値を撤回させるため、福島から文科省を訪れた親たちとともに、山本は、「3月11日を機に、もう自分を守るのはやめたい」ときっぱり言った。「電力会社はメディアの最大のスポンサーですし、さまざまな事情はあります。でも、自分たちが守るべきものはなんなのか? 今、福島の子どもたちが、これから先、病気になるのはわかりきっている。まるで死刑台に向かって、列を作らされているようです。何も行動しなければ、僕は自分を許せない」と涙に声を詰まらせた。

母子家庭に育った山本は、女でひとつで彼を育てた母親に守られ、たっぷりの愛情を受けて育ったことを自身の本「母ちゃんごめん 普通に生きられなくて」でつづっている。「大人は子どもを守るものだということを、僕は母親に教えてもらった。だからこそ、いまこそ僕ら大人が子どもを守らなければならないんです」という山本は、「彼らを選んだのは僕たちなんだから、みんなに責任がある。大本営が発表したことをただ信じるのではなく、自分たちで異を唱えないと何も変わらない」と訴えた。

学校の校庭は降雨などでも放射性物質は流れにくく、アスファルト上で計測した数値よりも高くなっていく。放射能は少しずつ累積していく。一般大人の年間許容量は1ミリシーベルト。それを政府は最も放射線の被害を受けやすい子どもたちに対して、基準値を20倍も引き上げたのだ。放射能の被害は5年後、10年後に白血病や、ガンなどの疾患を引き起こすことは知られている。山本が主張するとおり、福島の子どもたちは、今すぐに避難をしなければいけない切迫した状況にある。だが菅政権は、子どもたちの健康被害よりも、まるで計算機でも打ちながら賠償額ばかりを気にしているようだ。

いま、この瞬間にも福島の子どもたちは、原発から漏れ出ている放射能を浴び、被爆し続けている。

「今の日本は、まるで殺人国家だ」

山本とともに、多くの親たちが、涙ながらに声を張り上げている中、対応した文科省職員からは「年間20ミリシーベルトを撤回する」という言葉が出てくることはなく、最後には、「100ミリシーベルト以下では、ガンなどの発症に影響があるとは科学的に認められていない」とまでのたまった。あまりにもひどい対応に怒りの声が上がる中、文部科学大臣の高木義明が出てくることはついになかった。
[PR]
by waits-00 | 2011-05-23 22:04 | ぶつぶつ

ソフトB孫社長が脱原発財団設立

ソフトバンクの孫正義社長は20日、民主党の東日本大震災復興ビジョン検討チームの会合に出席し、原発依存から脱して自然エネルギーによる発電を推進するための政策提言を行う「自然エネルギー財団」を設立することを明らかにした。

孫氏によると、社長を離れた個人の立場で財団に少なくとも10億円を拠出する。

孫氏は会合で、津波による甚大な被害を受けた地域の復興計画として、太陽光と風力による発電設備を大々的に整備する「東日本ソーラーベルト構想」を提案。自然エネルギーで発電された電力の買い取り制度の大幅拡充も求めた。

孫氏は財団設立に関して「原発事故で多くの国民が不安を抱いている。安心、安全な自然エネルギーを日本にもっと増やせるように、世界の科学者100人くらいの英知を集めたい」と説明した。財団は数カ月以内に設立する。

財団は、太陽光、風力、地熱発電などの研究に取り組む各国の科学者や企業の研究成果を収集・発信するとともに、政府に対して自然エネルギー普及に向けた提言をしていく。
[PR]
by waits-00 | 2011-04-20 21:53 | ぶつぶつ

ビデオニュース・ドットコム





ビデオニュース・ドットコムは、日本人ビデオジャーナリストの草分けとしてテレビ朝日ニュースステーションやTBSニュース23などで精力的なジャーナリスト活動を行ってきた神保哲生が、「日本にも広告に依存しない独立系の民間放送局が必要」との考えのもとで1999年11月に立ち上げた日本初のニュース専門のインターネット放送局です。


■広告に依存しない報道を目指して

「報道本来の役割を全うするためには、広告に依存しない収益構造が必要となるが、そのためには、多くの視聴者の方々に浅く広くサポートしていただくシステムを作る必要がある」との認識に基づき、ビデオニュース・ドットコムは2001年より有料会員制を採用。一部のプレミアムコンテンツをご視聴いただくためには、1ヶ月525円(税込み)の会員登録が必要となります。視聴者の方々に毎月の会費をご負担いただくことで、スポンサー圧力を受けない良質な報道を目指します。


■既存のメディアに飽き足らない方は・・・

既存のメディアは年々広告への依存度を増すばかりです。そのため有り余るほどの制作費や大量のスタッフを抱えながら、大手スポンサーに対する遠慮や、常に高い視聴率を取らなければならないという縛りなどから、その報道内容は日に日に貧弱化し、
もはやジャーナリズム本来の役割を全うすることが困難な状態になっています。
既存の大手メディアは、たとえそれが重要な問題であっても、複雑で分かりにくいテーマは極力避ける一方で、興味本位なニュースはその重要性にかかわらずセンセーショナルに取り上げる傾向が、近年ますます強くなっています。

ビデオニュース・ドットコムは、既存のメディアが取り上げようとしない市民性の高い大切な情報やニュースを、時間を惜しまずにとことん掘り下げることこそが、広告に依存しない放送局の使命だと考えています。 既存のメディア報道に飽き足らない方は、ぜひビデオニュース・ドットコムを情報源の一つとしてご利用ください。



ビデオニュース・ドットコム
[PR]
by waits-00 | 2011-04-19 23:54 | ぶつぶつ

サクラサクサクラヲトル




d0010052_0114545.jpg

[PR]
by waits-00 | 2011-04-12 00:07 | ぶつぶつ