コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

メール送信

「今回は金銭的にかなり厳しく、使用料などお支払いすることが出来ない状況です」

この言葉は*****(ダンサー)が言うのなら理解できるのですが、公演を制作する会社(今回の公演は助成も受けてますよね)が発する言葉としては受け止めがたく感じます。

お聞きしたいのですが、今回の公演で他のカメラマンさんに撮って頂きましたか?
そのカメラマンさんにお支払いはしましたか?
撮影料などは助成金に含まれるものではないのでしょうか?

制作会社のほとんどがカメラマンや写真に関して軽視しているように思えてなりません。
無料で撮ってもらえて当たり前とお考えなのでしょうか?

今回の撮影は御社から承った撮影ではないので、費用が発生しなくても仕方ありません。
こちらも無料で結構だと思っています。
しかし、写真を雑誌などの媒体で使用したり、営利目的に使用の時は費用が発生するのが当たり前です。
その部分で「お金がありません」というのはダメだと思います。

コンテンポラリーダンスを取り巻く環境は決して恵まれているとは思いません。
ダンサーの多くがアルバイトや他に仕事をしてダンスをしている事も知ってます。
そんなダンサーが今回のように「お金がありません」というのなら全然OKです。
実際ほとんど無料で撮ってデーターを渡しております。
そんなダンサーでも交通費だけでもとか、公演のチケットを無料にしてくれたりと気遣ってくれます。

たぶん写真の必要性を感じていないか、感じていても料金を払ってまで...と思っておられるのでしょうね。
少し写真やカメラマンに対する意識を変化させていただきたく思います。
[PR]
by waits-00 | 2008-09-04 22:08 | ぶつぶつ