コンテンポラリーダンスを撮る!ダンス・ライブ・舞台撮影カメラマン

waits00.exblog.jp

地下鉄開通80周年 記念ポスター

東京メトロ「町屋駅」で降り、出口へ向かう。
その途中でモノクロのポスターを発見。

そのポスター、モノクロで花火がドーン!???
よく見ると、家の屋根の上で花火を見ている二人。???
しかも一人は傘をさしている。???

この季節に花火の写真、しかもモノクロ、屋根の上、傘をさす。
メチャメチャ好きだ~~この違和感^^

ポスターの下に書かれた名前を見ると「木村伊兵衛」
なぜだか納得した。


駅に貼られた広告のポスター。どの写真もすごくきれいに撮られている。
特にブランド関連のモデルの写真なんてピカピカ。
でも同じような写真が並ぶと、不思議と凄いではなく、普通に見える。
なので、ポスターを見て足を止めた事はあまりない。

そんな中、今回モノクロのスナップ写真には足を止めさせられた。
広告用に撮られた写真ではない写真を、写真集ではなく駅のホームで見る。
木村伊兵衛さんの写真集は図書館で見たことがある。
個人的にはそれほど印象に残らなかった。
しかし、今回駅のホームでは名前を見た瞬間、「さすがだ」と感じた。


家に帰り、今回のポスターの事を調べると、
東京メトロ 地下鉄開通80周年 記念ポスター
「あの日の東京も、のせている。」のキャッチフレーズにのせて「想い出のあの日」をイメージできるポスターを東京メトロ全駅に掲出します。との事。

他の駅で見た覚えがない....インパクトがなかったのか?
駅での楽しみが増えました。

広告ももっと「違和感」を使って見せるという手法を使えばいいのにと思う。
見せる、読ませる為の手法のひとつだと思うんだけどなぁ。
[PR]
by waits-00 | 2007-11-20 02:06 | ぶつぶつ